×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


織田信長〜尾張統一〜

タイトル
サイトTOP相互リンク集相互リンクの詳細相互リンク申請フォーム

サイト内コンテンツ
尾張統一
京都上洛
天下統一へ
問い合わせ
サイトマップ

織田信秀の三男として生まれた、織田信長は兄がいたにもかかわらず、母が信秀の正室であったために、嫡子(後継ぎ)となる。もともと、織田家とは尾張の守護大名である斯波氏の守護代であり、父「信秀」は清洲織田家「信友」に仕える三奉行の一人であった。

「信長」は少年期から尾張の大うつけと呼ばれるほど評判が悪く、周囲からは理解のできない行動をとっていた。

そのため、父「信秀」の死後、家督を継承した「信長」を良く思わない数名の重臣が、聡明といわれていた弟「信行」こそが、家督継承にふさわしいとして擁立し、家督争いが起こる。

この家督争いに勝利した「信長」は、この家督争いで「信行」を支持していた、清洲織田家「信友」も殺害。さらに織田宗家「信安」も破り追放し、「信長」は織田家の頭領となる。

そして、尾張の守護大名であった「斯波義銀」が「信長」を追放する計画をしている事を知り、逆に斯波氏を尾張から追放し、尾張国内を統一した。


<<BACK NEXT>>

Copyright:(C)THE戦国時代・織田信長 since2006. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断での転載・転用を禁止します。