×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


織田信長〜天下統一へ〜

タイトル
サイトTOP相互リンク集相互リンクの詳細相互リンク申請フォーム

サイト内コンテンツ
尾張統一
京都上洛
天下統一へ
問い合わせ
サイトマップ

上洛後、「信長」は朝倉家を討伐するため、越前に進行を開始した。順調に侵攻していたが、途中同盟国であった朝倉家が、同盟を破棄し後方から織田家を攻めた。なんとか「信長」は命からがら逃げのびたが、コレを機に、対立し始めていた将軍「義昭」の呼びかけで、浅井・朝倉・武田・比叡山・本願寺による信長包囲網が出来上がった。

「信長」は裏切りの報復として、浅井家に攻め入る。姉川の戦いで、浅井・朝倉連合軍を破る。その後、浅井・朝倉をかくまった比叡山延暦寺に、寺社勢力が中立の立場でないなら、攻め入る事もやむを得ないとして、比叡山延暦寺を焼き討ちする。

延暦寺焼き討ちの後、織田家と友好関係にあった武田家が、ついに動き始める。三方ヶ原の戦いで、織田・徳川連合軍は大敗するが、武田信玄の病死により、武田家は上洛を果たさずに帰ってしまう。

「信玄」死後、態勢を立て直した「信長」は将軍「義昭」を追放し、浅井・朝倉を滅ぼした。さらに、武田家を長篠の戦で破った。

ここから、「信長」は、柴田勝家を北陸に、織田信忠を中山に、明智光秀を畿内に、丹羽長秀を四国に、佐久間信盛を本願寺に、羽柴秀吉を中国にと、多方面侵攻を進めていく。

中国地方で毛利家と争っていた羽柴秀吉への援軍を明智光秀に命じるが、「光秀」は反旗を翻しその軍を「信長」のいる本能寺に向けた。


<<BACK

Copyright:(C)THE戦国時代・織田信長 since2006. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断での転載・転用を禁止します。